東京都議会議員 - 谷村たかひこ 活動ニュース 2017年3月14日付
相互推薦

都議選候補を相互推薦

◎党都本部と都民ファースト
◎東京改革へ政策合意
◎防災、福祉、教育など35項目の実現に挑む
◎小池知事「公明との協力、心強い」

 公明党東京都本部の中島よしお代表代行(都議会党議員団長、都議選予定候補=北多摩3区)と、 小池百合子知事が率いる地域政党「都民ファーストの会」の野田数代表は13日、都庁で記者会見し、 7月2日投票の都議選(定数127)で、それぞれの予定候補者を相互推薦することを発表した。ここでは 都議会公明党(東村くにひろ幹事長、同=八王子市)と都民ファーストが10日に締結した政策合意も 公表した。会見の後、中島都代表代行は東村幹事長らと都内で、小池知事と会談した。

 会見で中島都代表代行は、選挙協力に至った経緯について、これまでの定例会本会議における 公明党の質問に対し「知事の答弁は誠実で真摯なものだった」と説明。来年度予算案に公明党が 要望した私立高校授業料の実質無償化をはじめ、鉄道駅のホームドア増設、女性の視点を重視した 防災対策など、数多くの提案が盛り込まれたことなどを挙げ、「政策面での一致が明らかになった」 と強調した。
 また、「(政策協議を通じ)知事や都民ファーストとの信頼関係が醸成され、知事からも 『都議選を一緒になって協力して戦いたい』との話もあった」と言及。その上で、「東京改革や、 五輪・パラリンピックの成功、防災・減災対策、福祉先進都市、人づくりの教育など10分野、35項目で 政策合意を取り交わし、選挙協力を行うとした」と述べた。

 都民ファーストの野田代表は、公明党の政策提言や予算要望などについて 「私たちの発想にはなかった有意義な提案を数多く示され、大変参考になった」と評価。 私立高校授業料の無償化に関しては「公明党の具体的な政策提言を受けた上で、予算案に盛り込んだ」 と述べた。
 さらに議会改革でも、議員報酬削減や政務活動費の全面公開など「公明党がリードした」と強調。 「小池都政が掲げる改革と方向性が完全に一致した。今後、公明党には都政の頭脳としての力を借りた いと考え、政策、選挙協力で合意した」と語った。
 公明党は都議選に向けて、既に21選挙区で23人の予定候補を公認している。相互推薦で 公明党都本部は、候補を擁立しない選挙区で都民ファーストの予定候補を推薦し、都民ファーストは 公明党の全予定候補を推薦する。

 一方、小池知事との会談では、中島都代表代行が「野田代表と共に、正式に選挙協力、相互推薦を 発表した。力を合わせて、都議選でいい結果を出せるようにしたい」と語った。
 これに対し、小池知事は、これまでの経緯について野田代表から報告を受けたとした上で、 「都民ファーストの都政を確実に前に進めるためにも、都議会が新しく、よりグレードアップして進んで もらえることは、都知事として非常に重要なことであり、今回の政策合意については心強いことだ」と強調した。
 また、「政策は実行して、幾らという話だ。必ず一つずつ現実のものになるように、 都議会と都知事がしっかりタッグを組んで(挑みたい)。 非常に貴重な、この合意をしっかり受け止めさせていただきたい」と力説した。
 その上で、都議選について「素晴らしい都政を、車の両輪として動かせるように (公明党と都民ファーストの会が)それぞれ頑張っていただきたい」と述べた。
 会談には、都議会公明党から、たちばな正剛政務調査会長(都議選予定候補=板橋区)、
まつば多美子副幹事長(同=杉並区)、都民ファーストの野田代表が同席した。